閉じる
  1. 【デッキ】【無課金のすすめ】ランク5に到達したデッキの紹介 ~メックメ…
  2. 【評価】【スタンダード対応】おすすめレジェンド | ハースストーン
  3. 【最強】おすすめレジェンドランキング!全レジェンドまとめ | ハースス…
  4. 【実証済】ランク5に到達できるおすすめデッキを紹介 Zoo(ズー)ウォ…
  5. 【ワンナイトインカラザン攻略】チェス(ヒロイック) 攻略法! | ハー…
  6. 【アリーナピック支援ツール】闘技場で12連勝するためのカード選別ツール…
  7. 【ココが他のソシャゲと違う】レジェンドが当たらない人へ(救済タイマー)…
  8. 【実証済】ランク5に実際に達したおすすめデッキ構築レシピ(フェイスハン…
  9. 【パック】旧神のささやき 全カード一覧 | ハースストーン
閉じる
閉じる
  1. 【評価】【スタンダード対応】おすすめレジェンド | ハースストーン
  2. 【カード詳細】帽子から猫 | ハースストーン
  3. 【カード詳細】邪悪な呪術医 | ハースストーン
  4. 【アドベンチャー】ワンナイトインカラザン (ONK) 攻略&…
  5. 【ワンナイトインカラザン攻略】銀食器ゴーレム(ヒロイック)に勝てるデッ…
  6. 【ワンナイトインカラザン攻略】プロローグ(ヒロイック)攻略法! | ハ…
  7. 【カード詳細】患者殺し | ハースストーン
  8. 【カード詳細】怪盗紳士 | ハースストーン
  9. 【カード詳細】やさしいおばあちゃん | ハースストーン
  10. 【ワンナイトインカラザン攻略】基本カードのみで魔法の鏡に勝てるデッキを…
閉じる

HEARTH STONE LAB.【完全日本語】

【第1回】今週の7勝超え闘技場デッキ【7勝】|ハースストーン

160106-1

 

 

闘技場において一つの区切りとなる7勝。7勝すれば報酬として150Gが確定するため、他にゴールドを使わなければ延々と闘技場ループすることが可能になる。

これは闘技場の報酬一覧を見たことがある人は知っていることだろう。しかし知っていても難しいのが闘技場。デッキの構築は常に運に左右され、通常のデッキで使用するようなコンボやシナジーを発動させることはかなり難しい。しかも勝利数が近いプレイヤー同士でマッチングされるため、勝利を重ねるほど相手も強くなるのだ。

デッキの構築センスとプレイスキルがものを言う実力の世界である。

 

闘技場のデッキ構築やプレイのコツに関しては他の記事にゆずるとして、今回から闘技場で7勝以上の成績を収めることが出来たデッキを紹介してみようと思う。

デッキの特徴や勝利したパターンなどについてもコメントしていく予定だ。

私は1日1回闘技場をモットーにしているがどのくらいの頻度で7勝を超えられるかは未定である..

 

今週は7勝デッキ

 

160106-6

 

 

デッキを組んだ直後は4マナの少なさに不安を感じたが、終わってみれば7勝であった。8勝を狙えたデッキだったと思うが、最後の対戦でマリガン後に手札がすべて4マナ以上という事故が起こってしまったので仕方ない。

 

このデッキの1つのポイントは低コストミニオンの充実を生かしたテンポであった。逆に言えば、1、2、3ターン目で盤面を有利に運ぶことが出来なければ逆転は難しかった。ミニオン27体のデッキであったが、スペルスリンガー、2枚ピックすることになったイセリアルの召術師がスペルの不足を補ってくれたように思う。

相手の高コストミニオンに対しては無貌の操り手がコピーしたり、フレイムストライクでの一掃、北海のクラーケンでの4ダメージ、イセリアルの召術師のファイアー系カードでなんとか倒していくスタイルであった。

 

短期に勝負がつきにくいかつ、低コストミニオンのピックが増えがちな闘技場において、フレイムストライクは闘技場でのかなりの強カードだろう。これが決まったときには逆転も可能であった。

 

また、ブラッドナイト(場にいる聖なる盾を破壊し、1つにつき+3/+3を得る)の有用性がかなり高いことが改めて分かった。闘技場ではミニオン同士のボードの取りあいになることが多いため、聖なる盾持ちのミニオンがピックされることがかなり多い。私のデッキにも1枚入っていた。聖なる盾1枚でも吸収できれば3マナ6/6となるのでかなりアドバンテージが得られる。今回の闘技場でも3回ほど聖なる盾を吸収してくれた。

 

このデッキが弱かったポイントはやはり高コストミニオンに対して良い対策が出来なかったことだろう。こちらの高コストミニオンは体力の低いことが多くかつ数も少なかった。そして呪文カードも少なかったために、突破することが難しかった。

 

ピックしたレアカードがクエスト中の冒険者、ゴブリンブラストメイジと、うまく働けば強いが単体では腐ることもあるカードでうまく活用出来なかったことも敗因の一つであろう。

 

 

闘技場においてテンポが強いというのは1つの勝利要素となるのだろう。今回は1,2,3マナが充実していたため、そんなデッキになった。

運のおかげもあったのか7勝。反省を生かして平均7勝を目指して頑張っていきたい。


30 Second Binary options

ピックアップ記事

  1. Hearthstone Screenshot 01-24-16 23.05.59
  2. IMG_5018
  3. メイルシュトロームのポータル
ページ上部へ戻る